商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社とされる西宮神社で、10日毎年恒例の「福男選び」が行われ、およそ5000人が境内を駆け抜けました。

西宮神社の赤門から本殿までの距離およそ230メートル。参加者は境内の石畳を駆け抜け、本殿を目指します。

「福男選び」は参拝一番乗りを目指すもので、本えびすにあたる1月10日に毎年開かれ、江戸時代から続くとされています。

上位3人だけがその年の「福男」に認定されるとあって、参加する人たちの気合は十分。

そして、午前6時。 1つ目の角を曲がると、鳥居までは一直線。 行く手を阻む木。 それに拝殿への入り口など難所が続きます。

一番福は広島県福山市の消防士、山本優希さん22歳。 中学・高校の陸上部時代に棒高跳びで鍛えた自慢の足を生かし、初参加にして一番福を勝ち取りました。

二番福はよしもと所属のお笑い芸人・伊丹祐貴さん。加古川市の玉暉活也さんが三番福になりました。

3人の福男は御祈祷のあと、参拝者が見守る中鏡開きを行い、お神酒を振る舞って福を分けていました。

Keyword: 西宮神社で1月10日、境内を本殿まで駆け抜ける恒例の「開門神事福男選び」があった。一番福になった高校生は何部?, 西宮神社で1月10日、境内を本殿まで駆け抜ける恒例の「開門神事福男選び」があった。一番福になった高校生は何部?, 西宮神社で1月10日、境内を本殿まで駆け抜ける恒例の「開門神事福男選び」があった。一番福になった高校生は何部?

Có thể bạn quan tâm:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *